2016年振り返りと2017年目標

2016年の振り返り

2016年の目標ははこんな感じだった。2015年振り返りと2016年目標 - satoshihirose

英語を使いこなせるようになる

  • 英語力向上については手探りで徐々に前へ進んでいるフェーズである。近所の英会話にトライしてみた結果、それはナチュラルな英会話の場だったのだが前職の帰宅時間と合わずに辞めてしまった(今なら継続できるかもしれない)。現職ではしっかりした英会話クラスが外注してあってそれを半期ごと福利厚生として社内で受けられるようになっている。その中でビジネス英会話のクラスを選択して週一で受講していた。受講して、あっ、あっ、自分は英語が出来ないとなっている。対人間の汎用コミュニケーションそのものが苦手なので流暢な英会話が望めるべくもなく、ただただ冷や汗を流しながら耐え忍んで受講し続けるだけなのだが、やっていくしかない。クラス受講当初よりは良くなっている気はする(何が)。三年間くらい今の環境で続けていけばある程度のものになるような気はする(長い)。現職で受講補助も出るTOEICもタイミングが合わず受けられ終いだったので来年は受けよう。無駄に高いTOEFLは海外の大学とか受けるなら必要なのだろうけれど今のところ予定は無いので未定。

OSSへのcommit

  • 成果なし。最近はめっきりコードも書いていない。エンジニアとしてコードを書ける人材ではあり続けたいなとは思うので引き続き課題として残しておく。何か良い対象を見つけられれば良いのだが。

identity reconstruction

  • 直近の趣味としては経済・金融の学習に落ち着いた。勉強しがいがある。
  • 株の取引手法も模索中で、現状は国内株式でスウィングトレードやアノマリー投資法みたいなのを手堅く試している。アービトラージもどれだけ可能か検証したい。
  • 本格的に取引し始めたこの半年の成績を確認したところ、売買益は税抜き13万円だった。来年は一桁上げたい。トランプ相場には乗れていない。

年収

  • 生活のために十分に満足のいく収入を現職で得られたので、本当に余裕が生まれた。余裕のある収入は精神や時間の余裕を生む。日々のしょうもない出費に対する決断に時間を取られることもなくなるし、生活の選択に幅も出ることで視野も広がる。余裕は善だ。日々ボール・ヴァレリーの「アイデアいっぱいの人は深刻化しない」を唱えよ。三年後にはここから年収を倍にする方法を検討すべし。
  • 一方で制限が力という側面もあるので、安穏としてもいられないという気持ち。

人生の進捗を出す

  • 2016年の可処分時間の大部分を費やしけじめを付けた結果、2017年度から同棲をして籍を入れる予定となった。めでたい。しかしながら、2016年末現在、依然として予断は許さない状況である。

その他

  • ジム通いにチャレンジしましたが生活のリズムと合わず2ヶ月で辞めました。筋力と体力があったほうが人生豊かになるという確信は引き続きあるので別な形でその内またチャレンジしたいと思います。

2017年の目標

何かこうやって書き下してみると英語・金融・ITみたいな感じで大前研一フォロワーっぽいですね。つまんない人間だな、おい。

英語をやっていく

  • 数値目標はTOEIC900かな特に意味は無いけど。社内英語クラス以外で何かしらアクティビティを発生させる。

コード書く

  • OSSとは言わずとも、何らか社内ツールにでもコミット出来れば良いな。

資格

  • フィナンシャルプランナーの資格を取る。1月に3級、5月に2級。
  • 詳細は調べていないけれど AWSビッグデータ系の上級資格が出来たらしいので適当なタイミングで受ける。(FPの3級が終わった後か)

金融・株

  • 売買益で100万円増やすことを目標とする。
  • 今後の人生で何にどうお金を使うかフィナンシャルをプランする(計画は変わるものである)

旅行

  • 暫く海外旅行行っていないので行きたいな。米国。サンフランシスコかニューヨークかシアトルとかその辺。オーロラも見たい。
  • 30歳頃に南極旅行をすると言っていた準備をする。

大学

  • 30歳になったら大学でも戻るかって言の可能性がどれほどのものか検証する。

安定した家庭を築く

  • 安定した家庭とは。幸福とは。人生とは。